恵比寿美容室Ref hair

恵比寿Ref hair│大人のための小顔カット美容室

普通の美容師が海外で美容室を開いたら大変なことになった!/ずっこけオーナーのドタバタ日記vol.20~台湾美容室オープンへvol.1

約6分
アバター
美容師伊藤
こんにちは。アメリカ/ラスベガス台湾/台北東京/恵比寿美容室を出店している現役美容師の伊藤です。

このブログでは、何も知らない普通の美容師が、東京で美容師を続けながら、なんとなく開いてしまった海外美容室で、

  • 数々あった衝撃の出来事
  • たくさんの失敗
  • 海外美容室での日々の出来事

等を赤裸々に書いていきます。(ただ、あまりにも恥ずかしい内容は、割愛させて頂くかもしれません(-_-;))

個人の美容師さんや、ごく小規模の美容室さんが、今後海外へ美容院を出店する際に少しでも参考になれば。という気持ちと、

このブログを見た美容師さんが、うちの海外美容室のスタッフとして来てくれれば(笑)という、期待を込めて……

また、今でこそ中国語は問題なく話せますが、台湾美容室開店当初、まったく言葉が話せなかった僕が、どうやって基礎もままならない現地台湾人スタッフに教育をしたのか

といった内容も公開していきます。

美容室オープンの経歴

前回の『番外編』の内容はこちらから↓

前回の『台湾衝撃の事件編』の内容はこちらから↓

前回の台湾編にて、日本と台湾の『正月』が違っていることで起きた、『来年の違い』。

2011年に台湾美容室をオープンしようと考えていて、それに合わせて準備を進めていこうと思っていた矢先、

2010年春の始め、パートナーのリャオが、勝手に物件を借りてしまっていました(笑)

契約した美容室居ぬき物件を見てみることにする。

自分のイメージしていた時期よりも、1年以上前倒しだったため、さすがにすぐには決断することが出来ず、

次回の台湾出張の時期となった。

まずは、パートナーが借りてしまった物件を直接見ることと、そこを実際使用して、お客様を施術することにした。

その時には、まだそこで働くスタッフも決まっていなかったが、パートナーが元々開いている『メンズ美容室』から、

僕がいる期間だけアシスタントを借りて、その契約済みの美容室を使用してみることにした。

前の美容室がどのくらいの期間使用していたのかはわからないが、

元々借りていた2軒の美容室よりも、もう少し『洗練』された雰囲気があり、広さも申し分なかった。

34坪で契約当初で『5万8千元』ほど。超円安の時で計算しても、日本円で坪単価『8千円以下』。

東京恵比寿の美容室とくらべると圧倒的に安い。

仕事をする上でも、やりやすい空間だったので、

台湾に来る前、7割ほどの気持ちは、

(予定より早すぎる…ここは、やはりこの物件では断ろう…)

という感じであったが、

(うーん。相場はわからないが、ここならやっても良いかも)

といった気持ちが少し出てきた。

それでもやはり気になったのは、

【オープンするための準備が出来ていない】

ということと、

【物件自体は悪くなかったが、大通りより少し中に入った場所で、人通りが少なく感じた 】

という点だった。

まだ決めきれないでいたが、とりあえず2日目の夜に、パートナーとミーティングをすることになっていた。

なんとなく決まってしまった美容室の『店名』

パートナーのリャオはいつものように、元々自分で開いている『メンズ美容室』の総合店長と、他のスタッフを連れてミーティングにやってきた。

僕は、台湾学生を通訳として連れていた。

リャオ「お店使ってみてどうだ?」

僕「うん。お店自体は中々良かったよ。」

リャオ「よし、じゃあ問題ないな。契約して一緒に美容室を始めよう!」

僕「ちょっと待って…伝えてるように、イメージしている時期より早すぎる…準備が何も出来ていない」

それを聞いたパートナーは、めちゃくちゃ渋い顔になっていたが、僕が予定していたのは2011年春位。そのミーティング時点で、まだ2010年4月。

お見せをオープンしたとしても、台湾に住むつもりはなかった。

1か月のうち、せいぜい4,5日程度の滞在。

ただ、お店は【日本の美容室】としたかったので、そのためには誰か日本人に働いてもらうか、もしくは教育マニュアルを整える必要がある。

そのどちらも、まだ進んでいなかった。

少し考えていると、総合店長が伝えたいことがあると話し始めた。

「店名を考えたのですが、【Relax hair】というのはどうでしょう?」

まだ決めかねている僕とは対照的に、『リャオグループ』はすでに、日本人と美容室を始めることに盛り上がっているようだった。

その年、前回のブログに書いたように、日本ではフリーとなり活動を始めていて、その名前を【Ref hair(アールイフ ヘア)】としていた。

そんため、台湾の美容室もその【Ref hair】を使用するつもりであったが、

まだ若かったその総合店長が、目をキラキラさせながら、自分が考えてきた店名を僕に伝えてくるのを見て、また、その時まだ僕はその事業に参加するか決定していなかったため、

「うん。いいよ」という言葉が自然と出てきた。

日本の美容室を考えると、もう少し『ひねり』があったり、フランス語とか使ったり、いずれにしても自分がイメージしていたものとは全く違う名前であったが、

まだ美容室が正式にスタートする前に、【Relax hair】という店名だけ、その夜のミーティングで決定した。

ただ、やはり今すぐにスタートするということが『危険すぎる』と感じていたため、返事を次回まで待ってもらうことにした。

すでに借りている美容室物件は、僕の確認なく決めてしまったということ。そもそも僕とパートナーで文化の違いにより、『来年スタートする』ということに、1年近くの誤差があったこと。

通訳の子から、その辺りを伝えてもらい、パートナーのリャオには、渋々納得してもらった。

そのミーティング中に考えている最中、実は一人だけ日本人美容師さんが頭に浮かんでいた。

台湾の『安宿』で面識のあった、名古屋にいる美容師さんがいて、台湾が好きで定期的に観光しに来ているということだった。

ミーティング後にすぐに連絡を取り、日本に帰国後、彼女が住んでいる名古屋に向かい『台湾美容室で働いてくれないか』のお願いに行くことにした。

準備が出来ていない状態で、台北に美容室を出すことには『危険』を感じていたが、めぐって来た機会なので、『実現するため』に色々やってみることにしていた。

その後の、名古屋出張と台湾で美容室をやるか否かの最終決定は、次回のブログにて!

まとめ

当時、基本は『来るもの拒まず』『流れに身を任せてみる』といったスタンスでした。

そんなスタンスもあり、自分のイメージする店名とは全く違った【Relax hair】という名前に決定しました。

来るものこばまず、流れに身を任せ、まずは行動してみる』このような感じで動いていたため、

この先、別の美容室オープンの際、一度『大失敗』をすることになりますが、

それも含めて、過去行動してきたことは、自分にとって『大きな財産』となっています。

ただ、唐突にやってきた、台湾美容室の物件契約。

これだけはどうしても、すぐに決定することが出来ませんでした。

元々は、台湾に何店舗も『メンズ美容室』を展開ていて、何となく『やり手』の雰囲気のあったパートナーに、丸投げすれば、『楽して儲けられるのでは?

という『不純な動機』で持ちかけた、台湾美容室『共同経営』でしたが、振り返るとこんな感じで、オープン前から『振り回されっぱなし』でした(笑)

ただ、彼のいく度となくあった『無茶ぶり』のおかげで、かなり成長できたと思います(*’▽’)

結局のところは、やはり『出会うべくして出会った』人の1人なのだと思います。

コロナの影響もありますが、今後も『出会いの縁』を大事に、もっと飛躍していこうと思います(^^)

↓この記事の続きの『台湾美容室オープンへvol.2』はこちらから↓

美容室での中国語対応に関する無料相談

アバター
美容師伊藤
現在、日本の美容室への『中国語対応に関する無料相談も受け付けています♪
質問は、どんなことでも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
アバター
下記ラインは、基本美容室お客様向けの公式Lineですが、中国語対応に関してのご相談もお気軽にどうぞ♪

海外美容師スタッフ募集

アバター
美容師伊藤
現在、アメリカラスベガス台湾台北の美容室にて、美容師スタッフ募集中です!
詳細は下記リンクをご覧ください

アバター
下記ラインは、基本美容室お客様向けの公式Lineですが、スタッフ募集に関してのご相談もお気軽にどうぞ♪

Cut Video

 


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)