恵比寿美容室Ref hair

恵比寿Ref hair│大人のための小顔カット美容室

普通の美容師が海外で美容室を開いたら大変なことになった!/ずっこけオーナーのドタバタ日記vol.26~『赤字額公開!!』

約6分
アバター
美容師伊藤
こんにちは。アメリカ/ラスベガス台湾/台北東京/恵比寿美容室を出店している現役美容師の伊藤です。

このブログでは、何も知らない普通の美容師が、東京で美容師を続けながら、なんとなく開いてしまった海外美容室で、

  • 数々あった衝撃の出来事
  • たくさんの失敗
  • 海外美容室での日々の出来事

等を赤裸々に書いていきます。(ただ、あまりにも恥ずかしい内容は、割愛させて頂くかもしれません(-_-;))

個人の美容師さんや、ごく小規模の美容室さんが、今後海外へ美容院を出店する際に少しでも参考になれば。という気持ちと、

このブログを見た美容師さんが、うちの海外美容室のスタッフとして来てくれれば(笑)という、期待を込めて……

また、今でこそ中国語は問題なく話せますが、台湾美容室開店当初、まったく言葉が話せなかった僕が、どうやって基礎もままならない現地台湾人スタッフに教育をしたのか

といった内容も公開していきます。

美容室オープンの経歴

さて、台湾美容室オープン前の出来事がとても多く、

前回のブログにて、ようやくオープンまでたどり着きましたが、

元々『仮オープン』として居ぬき物件をそのまま使用し、

看板すら『前の店の店名』のまま営業していて、

本オープン』では、すべての看板やポスターを【Relax hair】に変え、全体のペンキの塗り直しをし、

とくに、一番大きな変更点だった、

元々今にも電気が切れそうだった、外の大きな店舗看板を新しいものに取り替えたことで、

お化け屋敷のようだった夜の美容室が一気に明るくなり、

これで夜もお客さんが増えるだろう!と期待をしたものの、

スタッフからのまさかの、「夜は誰も通らないよ」という衝撃発言を受け、

そんな期待は一気に崩れ去り、

結局のところ、とくに大きな『好転』はなく、相変わらず『ピンチ』が続いていたのにもかかわらず、

その頃僕に芽生えた感情が、『台湾を満喫しよう』という、最悪なものでした(;’∀’)

前回の『いよいよ本オープン編』の内容はこちらから↓

台湾で人に『おごる』と、めちゃくちゃ安く上がることに酔いしれる

日本で以前、『後輩には必ずおごれ』という、教えをとある先輩から受け、

かなりお金がない時でも後輩には『おごる』ことが習慣化されてた。

台湾では、スタッフはじめ、一緒にご飯を食べに行く人は、パートナーのリャオを除き、ほぼ年下の子たちだった。

台湾のカップルには、とある習慣があり、

基本朝も夜も、彼氏が彼女を学校や職場にバイクで送っていく。

とりわけ若いカップルは常に一緒にいるイメージがあり、

ご飯食べに行こう!とスタッフにいう時は、ほぼ確実に、彼氏彼女を連れてきて

さらには、彼らの友達まで連れてくることも多かった。

僕も、その時々でお願いしていた、通訳の子を誘ったりして、

皆で食事に行く時は、たいてい10名前後になっていた。

そんな団体でよく行っていたのは、台湾の『熱炒』と呼ばれる、台湾風居酒屋。

このような店で、台湾の美味しいご飯をたらふく食べて、ビールも沢山飲んで会計をすると、

当時のレートだと、10名いても、せいぜい日本円で『8~9千円前後』

2022年現在のレートに直すと1万円は超えるが、日本だと2名でも超えてしまうような金額が、

台湾だと10名引き連れても当時『1万円以内』。

美容室は『本オープン』したものの、売り上げはそこまで『好転』せず、

もっとその事に真剣に向き合う時期であったが、

この『おごってもメチャクチャ安い』ということに、完全に浮かれてしまっていた(*’ω’*)

日本で10名を連れて食事に行くなんて、恐ろしくて絶対にできなかった。

それが台湾だと、気にせずおごれる…

こんな状況に酔いしれてしまっていた(‘ω’)

売り上げが悪い反面、このような『テンションが上がる』事が台湾ではちょこちょこあり、

『事業のお金の損失』のモヤモヤを、物価の違いからくるある種の『優越感』によって相殺してしまうという、

最悪の『悪循環』にはまっていた(;´Д`)

たった4日間の出張なのに、休みを作ってみる

仮オープンの時、お店は月曜日休みにしていたが、

僕はたいてい、月曜日~木曜日か金曜日の平日に台湾出張に行ってたため、

その週は、月曜日の定休日がなくなってしまう。

元々休みや給与などは、パートナーに任せていて、一切気にしていなかったが、

仮オープンして少したってから、スタッフに休み事情を確認し、

その時に初めて気づいた…

休みは適度に取っていると勝手に想像していたが、そもそも週1くらいしか休んでいなく、

僕が行っている週は休まないと…

あわてて、パートナーのリャオと相談し、定休日を火曜に変え、

僕が行く間も、火曜日は休みにすることにした。(ちなみに2022年現在は月8日~の休みとなっています)

一番最初に台湾に行き、お客様の自宅で髪を切っていた時には、多少時間にゆとりがあり、台湾観光をする時間があったが、

そういえばここしばらくは、観光は全くしていない。

お店の新規客はいっこうに増えず、本来なら台湾出張の際の一日の休みを使って、

それを改善するような活動ができたはずだし、するべきであったと思うが、

この火曜日の休みをどう使おう?と考えた時、ふと頭に浮かんだのは…

「遊んじゃお♡」だった。

そういえば、パートナーのリャオも、

「なるべくスタッフの心をつかむため、食事や遊びに連れって欲しい」

という要望を僕に伝えていたため、

(集客や、経営はパートナーに任せ、僕は技術指導や、遊びに全力で頑張ろう!)と思い、

月にたった4日の台湾出張のうち、1日を休みにして遊んでしまう。

という暴挙に出た(;’∀’)

vol.23のブログで書いたように、『経営はパートナーがやってくれる』という部分は、後に完全な勘違いだと気づいたが、

かくして、台湾出張の最中の一日は、スタッフを連れて(…連れてというよりは、スタッフに連れて行ってもらって…)、

遊びに行くようになり、それがしばらく続くことになる。

そんな状態もあり、ふと気付くと、仮オープンの4か月の赤字額が当時のレートで、日本円で【60万円】ほど、

本オープンから3か月も足すと、その赤字額は当時のレートで【90万円】、2022年現在のレートに直すと

【120万】ほどに膨れ上がっていた(/ω\)

さて、今後どうなてってしまうのか…

おまけ

上の内容で書いた、日本の先輩からの教えで『後輩にはおごれ!』という部分、

その教えは、しっかりと実行するようにしていました。

そんな教えを受けた頃、銀座の美容室で働いていた僕は、当時週6ほど飲み歩いていましたが、

そのうち週2位は、お店の後輩スタッフと一緒でした。

周りの一般の会社で働いているような知人に比べると、

当時圧倒的に低かった給与にもかかわらず、毎日のように飲み歩いていたため、

給与の前日には、銀行にもほとんどお金が無くなっている状態でした。

その頃の習慣は、給料日前日には、よく飲みに行っていた後輩を連れて飲みに行き、

店員さんに、「今日は所持金が○○円ですので、超えそうになったら教えてください」と伝えて、所持金を超えるギリギリまで飲む。

ということをしていました。

今考えると、店員さんからしたら、めちゃくちゃ『ウザイ』客で、バイトの若い学生さんが多いような居酒屋に行くことが多かったので、

死ねや!あいつ!』と思われていたかもしれないが、それは当然の心理だと思います…

とにかく、先輩からの教えである「後輩にはおごれ!」という内容をしっかり守っていた僕は、

毎月お金を使い果たす』ことに、ある種、『快感』を覚えてしまい、

お金がない事をネタにして、自慢していた当時の僕は、

当然飲み会でも一切モテることはなく、

そんな自分を振り返ると、引いてしまいますが、

それでも一ミリも後悔はありません(*’ω’*)

おしまい

↓次回の『中国語を覚える方法パート①』はこちらから↓

美容室での中国語対応に関する無料相談

アバター
美容師伊藤
現在、日本の美容室への『中国語対応に関する無料相談も受け付けています♪
質問は、どんなことでも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
アバター
下記ラインは、基本美容室お客様向けの公式Lineですが、中国語対応に関してのご相談もお気軽にどうぞ♪

海外美容師スタッフ募集

アバター
美容師伊藤
現在、アメリカラスベガス台湾台北の美容室にて、美容師スタッフ募集中です!
詳細は下記リンクをご覧ください

アバター
下記ラインは、基本美容室お客様向けの公式Lineですが、スタッフ募集に関してのご相談もお気軽にどうぞ♪

Cut Video

 


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)