恵比寿美容室Ref hair

恵比寿Ref hair│大人のための小顔カット美容室

普通の美容師が海外で美容室を開いたら大変なことになった!/ずっこけオーナーのドタバタ日記vol.1~海外に美容室を開くきっかけ編~

約11分
アバター
美容師伊藤
初めまして。アメリカ/ラスベガス台湾/台北東京/恵比寿美容室を出店している現役美容師の伊藤です。

このブログでは、何も知らない普通の美容師が、東京で美容師を続けながら、なんとなく開いてしまった海外美容室で、

  • 数々あった衝撃の出来事
  • たくさんの失敗
  • 海外美容室での日々の出来事

等を赤裸々に書いていきます。(ただ、あまりにも恥ずかしい内容は、割愛させて頂くかもしれません(-_-;))

個人の美容師さんや、ごく小規模の美容室さんが、今後海外へ美容院を出店する際に少しでも参考になれば。という気持ちと、

このブログを見た美容師さんが、うちの海外美容室のスタッフとして来てくれれば(笑)という、期待を込めて……

また、今でこそ中国語は問題なく話せますが、台湾美容室開店当初、まったく言葉が話せなかった僕が、どうやって基礎もままならない現地台湾人スタッフに教育をしたのか

といった内容も機会があれば書いていきます。

美容室オープンの経歴

今回はまず、店長すら経験したことのない普通の美容師が、なぜ海外に移住せず日本の東京で美容師を続けながら海外にお店を出すことになったのか

そのきっかけの一つとなる、一人のキーパーソンである台湾人女性との出会いを書いていきます。

人との縁って不思議ですよね…

当時自分個人の美容師技術の追求と、楽しくお酒が飲めることだけを考えていて、将来のことも深く考えていなかった僕は、人との縁がなければ海外に美容室をオープンなんて考えなかったと思います。

この台湾人女性との出会いが最初のきっかけになり、後に台湾で美容室を開くことになります。

海外で美容室を開くまで/台湾人のお客様との出会いpart.1

調べてみると2003年…18年前にもなるのか…

当時僕は銀座の<銀座メルサ>というビルに入っていた美容室のオープニングスタッフとして働きだした。

美容師を始めてから5年ほど経ち、スタイリストになってから1年少し経った位だと思う。

すでに東京の美容室5店舗目…この頃はとにかく誰よりも美容の技術が上手くなりたくて、新しい美容室に入るたび、とにかくそこの美容室の技術を習得するために誰よりも練習し、ある程度お店の技術の理論が理解できたら、また新たな技術を身に着けるために次の美容室に行って…ということを繰り返していた。

(今思うとひどいですね…この頃は自分が上手くなりたいという欲求だけで、周りに配慮もなく行動してしまっていました…ごめんなさいm(__)m)

この時入った銀座の美容室は、広告もたくさん出していたのと、当時の時代性もあって新規のお客様もそこそこ来ていた。

良く掲載していたのは、まだ紙媒体しかなかった頃の「ホットペッパー」。たしか2ページ分、見開きで掲載していたと思う。

自分はその一店舗前の、同じく銀座の美容室のお客様がある程度移動して来てくれていたため、他のスタイリストに比べると新規のお客様を担当することは多くなかったのだが、
その日は二人組でいらっしゃった台湾からの留学生で、当時早稲田大学に通っていた女性のうち1名を担当することになった。

海外で美容室を開くまで/台湾人のお客様との出会いpart.2

2人の台湾人女子学生の方たちに、並んで座って頂き、僕ともう一人のスタイリストでカウンセリングを始めた。

先に隣のスタイリストのカウンセリングが終わったころ、僕はカウンセリングの最後にお客様に施術料金をお伝えしていた。

僕「では本日はカットとカラーリングでホットペッパーの割引料金で○○円になります!」

そう、ホットペッパーの割引もあったため、通常より少し安くなった金額であった。

2人の台湾人女子学生のうち、僕が担当した方は恐らく初めて<日本の美容室>に来店されたようだった。

僕は料金説明後、そのまま施術に入ろうとしたのだが、

お客様「え?高いよ!高い!!」

と結構大きな声で、『高い』を連呼し、かなり不満げな表情に…そして何度か続く『高い』の声がサロンに響く…

僕(うそ…高い!?汗…むしろ安くない?汗…他の方もいるから、せめてもう少し小さい声で言ってもらえると…なんか恥ずかしい…)

当時の美容院は60坪ほどで、その時は他のお客様も結構いる感じだったので、僕の感情は『とにかく恥ずかしい』『早くこの場を収まらせたい』というものだった。

施術に関してお客様から意見を言われた場合は、色々説明もできるのだが、施術前の料金説明で納得してもらえない場合は僕もどうしようもなく、ただ「すいません…こちらの料金になっていまして」と返すことしかできなかった。

若かった僕はプライドも高かったのだろう…とにかくその場を早く終わらせたいと思ってしまい、それ以上の言葉が出てこなかった…

最終的には、隣にいた日本語が流暢なお友達が何とかなだめてくれ、なんとか彼女も落ち着きを取り戻してくれた。

何とか施術にはいることができ、カットカラーを終えると、最終的にはとても満足してくれた感じで
「いいよー。えー。すごくいいよー。」とまだ片言の日本語でとても喜んでくれたようで、僕も胸をなでおろした。

こんな感じで、彼女との出会いは何とも冷や汗が出るものだった。

まさかこの彼女が、後に僕が台湾で美容室を開く、大きな大きなきっかけを作ってくれる事になるのは、その時はとても想像できなかった。

海外で美容室を開くまで/台湾人のお客様との出会いpart.3

初回来店後、台湾女学生のお客様は、お店に何度も来店してくれるようになり、顧客となっていった。

さらに、来店のたびに同じ学校に通う台湾人のお友達や他の国のお友達、台湾から遊びに来る兄弟や、お友達も紹介してくれ、
留学中日本の美容室に来てくれていた2年ほどの期間で、最終的に20名以上のお客様を紹介してくれることとなる。

後に書くことになる、ラスベガス美容室のパートナーの1人と並び、僕の美容師人生で最もたくさんの紹介をしてくれたお客様である。

そしてこの時に多くの台湾のお客様を接客することで、「台湾人の髪質であれば、あんまり日本人と変わらず施術できるな。」となんとなく感じていた。

その後台湾に行くときに、特に不安もなかったのは、この経験も大きかったと思う。

海外で美容室を開くまで/台湾人のお客様との別れ

さて、台湾留学生の初めての来店から2年ほど経ち、僕はその時には銀座の美容室から、恵比寿の美容室に移っていた。

以前とてもお世話になった先輩美容師と一緒に「美容室をやろう!」ということになり、当時27歳で銀座の美容室を退職し、恵比寿の美容室で働くことになっていたのである。

実はお店をやろうと言っても、当時給与のほとんどを飲み代に使い、お金は全然ないのに後輩におごったりして、さらには、次の給与までに銀行に入っている全てのお金を使い果たすのがカッコいいと、本気で思っていて、それを実行していた本当に大バカ野郎であった(笑)ため、貯金もなく、またどこかから、お金を借りようと努力したわけでもなく、

結果としてその先輩のツテでお金を出資してくれるいわゆる『スポンサー』がすべてのお金を出してくれるという、要は僕は自分でお店をオープンしたわけはなく、ただの1スタッフとしてその美容院で働くこととなっていた。

その1スタッフとして働いていた恵比寿の美容院に、銀座で担当していたほぼすべての留学生も来てくれていた。

留学生のなので、卒業すれば当然国に帰る。

そろそろお別れが近づいていた…

一番最初に2人組で来た、台湾女子学生のもう1人は、もともと担当していたスタイリストが少し遠くの美容室に移動したため、恵比寿の僕がいる美容室に来てくれるようになっていて、その彼女だけは卒業後も日本に残るとのことだったが、それ以外の留学生はすべて台湾や他の国に帰っていく。

「また多分髪切りに来るよ」とは言ってくれていたが、僕は内心(まあ期待しないで待っていよう。)という程度の気持ちだったので、寂しい気持ちになっていた。

美容院のお客様との距離感は比較的近いので、お別れはやっぱり寂しいものである。

海外で美容室を開くまで/台湾人のお客様との再会

しかし留学中最後の来店から6カ月程たった頃だろうか?

突然お店の電話に彼女たちから予約の電話が入ってきた。台湾から日本に遊びに来て、すぐに予約の電話をくれたとのことだった。

「また多分髪切りに来るよ」 と言ってくれたのは、社交辞令ではなく本当だったようだ。
(後から聞いた話だと、台湾の美容室に行ったけど、たまたま気に入らなかった為また来てくれたようだ)

それから定期的に3ヵ月に一度ほどのペースで、台湾から日本の恵比寿へ髪を切りに来てくれるようになる。

本当にありがたい話だ。ここで彼女たちが来てくれていなかったら、恐らく台湾で美容室は開いていない。

最初に銀座のお店に来てくれた彼女がいなかったら、台湾で美容室はオープンしていない。

人との縁は本当に大事だ。ただの普通の美容師である僕の生命線は、その『人との縁』『人の助け』である。

そんな感じで、台湾から髪を切りに来てくれるようになって1年程経った頃であろうか?

その最初に出会った台湾人の彼女が言った軽い『一言』でまた状況がガラッと変わってくる。

海外で美容室を開くまで/台湾人のお客様からの一言

ちょうど日本の恵比寿の美容院に彼女たちが髪を切りに来ていた時、キーパーソンである彼女がふと
「イトーさん、タマには台湾に来てよ。台湾に来て髪をきってよ。お客さんも紹介するよ」と話してきた。

その時は他のお客様もいて結構忙しかったので、取り急ぎ「そうだね~。台湾行ってみたいな」とだけ伝えたが、

実は元々台湾に特別興味があったわけでもなく、また相変わらず営業後は飲んだくれて、お金も全然なかったので
(…まあ、行けないだろうな…)と思いながら返事をしていた。

ただ、当時本当に美容の技術とお酒を飲むこと以外、他のことに特に興味がなかった僕はその夜、たまたま飲みに行く予定がなく、家に帰って晩酌をしていたのだが、
急に彼女の一言が気になり、パソコンで台湾行きの航空券の値段を調べてみた。

海外で美容室を開くまで/ 台湾に行く決心をするpart.1

調べるのは結構とことんやる方で、いや、単にセコイからのような気もするが…
とにかく色々調べてみると、【トラベルコ】という旅行比較サイトで出ている台湾行きの航空券が、なぜだか他の似たようなサイトの金額よりも少しだけ安いのに気づく。

確か往復のチャイナエアラインで、3万円ちょっと位だっただろうか?

(…現地では接待してくれそうだし、ご飯代はあまりかからないとして(*´∀`*)…あとは宿だな…)

宿も安い宿を探してみると『ゲストハウス』なるものがあった。ゲストハウスとは家の部屋をシェアして貸し出していて、一番安い部屋は『ドミトリー』と呼ばれ、知らない人同士が同じ部屋で寝るスタイルの宿である。

その『ドミトリー』が一泊400元(当時日本円で1500円程度)で泊まれるということが分かった。

(…3泊して航空券代と合わせて、それから諸々で4万ちょいで行けるな…うーん。この金額なら何とか払えるかも。
あ、向こうで髪切ったらお小遣い位はくれるかな(*´∀`*)。特別台湾に興味があるわけではないけど、まあ楽しいかも…台湾で酒飲みたい(^^)…)

という気持ちになり、あまり深く考えず、メールで予約のやり取りをするようになっていた台湾の子に、早速連絡してみる…

海外で美容室を開くまで/ 台湾に行く決心をする part.2

連絡を取り合っていたのは、一番最初の彼女ではなく、その子の親戚でいつも一緒に日本に来てくれていたTさん。
当時一番日本語が流暢だったため、彼女が連絡役になってくれていた。

僕「Tさん、こないだ台湾に来ないかって言われた話、ちょっと考えたんだけど、一回行ってみようと思うんだよね。」

Tさん「本当!みんな喜ぶよ!ちょっとみんなに話してみるね」

数日後

Tさん「みんなもちろん歓迎するって!友達の家使って髪切ってよ。あと、10人以上は集められるから、定期的に来てくれるなら、みんなで航空券代払うってことにもなったよ!」

僕の内心(…おー待ってましたそのお言葉(*’▽’)!お金ないんで貰えるものは何でもください!!!(*´з`)…)

実際の僕「えー!悪いよ。いいの?ありがとう!じゃあ一回目だけ自分で航空券買って、台湾行くね。その後は払ってもらっていいの?」

Tさん「うん。わかった!2回目以降はみんなで払うね!!」

僕(…うほー!ラッキー!お願いね(‘◇’)ゞ…)
「ありがとう!日程決まったら連絡する!」

というわけで僕は、人生初の台湾へ行くことに決まった。

実際はこの時信じた言葉で、あとで泣きを見ることになるのだが、とにかく当時は行動力だけは比較的あったほうなのでとんとん拍子で台湾行きが決定した。

また、当時のお店は火曜日が定休日でその他2日自由に決められる休みがあったのと、『その2日を他の月にも移動してよい』と当時店長である先輩(後にお店のオーナーになった)、からありがたいルールを設けてもらったので、3泊4日で台湾に行けることとなった。

続きはこの先の【台湾進出編】で(^^)/

今回のまとめ

今回は海外で店舗を開くことになったきっかけの一つ『台湾人との出会い~台湾に行ってみる決心をするまで』を書いてみました。

決心と言っても、まずは1度台湾に行ってみるだけなので、決心というと大げさですが、僕は本当にお金がなかったので、一度の台湾行きでもかなり大ごとでした(笑)

この後、初めて台湾に行き、台湾人の子の自宅で髪を切るようになり、その後は

→ホテルで髪を切る →台湾の美容室を借りて髪を切る →台湾で美容室を開く

といった流れになっていきますが、その間にはトラブルや、予期せぬ出来事もたくさんあったので、その辺りを交えてお伝えしていきます(^^)

↓この記事の続きはこちらから↓

美容室での中国語対応に関する無料相談

アバター
美容師伊藤
現在、日本の美容室への『中国語対応に関する無料相談も受け付けています♪
質問は、どんなことでも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
アバター
下記Lineは、基本美容室お客様向けの公式Lineですが、中国語対応に関してのご相談もお気軽にどうぞ♪

海外美容師スタッフ募集

アバター
美容師伊藤
現在、アメリカラスベガス台湾台北の美容室にて、美容師スタッフ募集中です!
詳細は下記リンクをご覧ください

アバター
下記ラインは、美容室スタッフ募集専用の公式LINEとなります。
お気軽にご連絡ください♪

Cut Video

 


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)